9月52008

滝散策でイオンチャージ

晴れていると思っていたら、突然の豪雨に見舞われたり。
おかげで、残暑らしい季節の実感もないまま、気づけば虫の声が秋の風情へと移り変わりつつあるようです。

そんな中、唐突に
「そうだ。滝を見に行こう。」と思い立ちました。

まあ…単に秋の気配と共に、真っ黒に染まりつつあるお仕事スケジュールからの現実逃避というか、何というか……むにゃむにゃ。

それはともかく。
マイナスイオンを求めて、滝巡りを敢行したわけです。
関西近郊のお手軽に行ける名所…ということで、今回選んだのは
『赤目四十八滝渓谷』
三重県名張市に位置し、山岳信仰の聖地でもあるここは「日本の滝百選」などにも選ばれた、これ以上なく滝を満喫できることで有名な場所です。

ちなみに当初の予定は、赤目-香落渓-落合へと抜けるハイキングコースだったのですが、いざ現地に着いてみると、落合周辺で落石がありバスが現在運休中とのこと。
つまり、香落渓へ向かうと帰りの足がナイ

・・・・・・・・・orz

いくら現実逃避のお出かけとはいえ、帰れないのはさすがに不味いため、滝散策のみの往復路に予定変更です。

↓赤目四十八滝巡りコース
http://www.akame48taki.jp/takiannai/main.html

気を取り直し、スタート地点となる「オオサンショウウオセンター」にて入場料を払い、渓谷内へ……

素晴らしい・・・☆:*・゚(●´∀`●):*・

清流の涼やかなせせらぎが耳に心地よく、求めていたマイナスイオンパワーがばっちりです。

赤目四十八滝渓谷

滝に沿って続く遊歩道は、かなり綺麗に整備されているのですが、景色は雄大な自然のまま。
大満足の光景です。

布曳滝[赤目五瀑]……滝壺30mの華麗な滝
布曳滝

荷担滝[赤目五瀑]……赤目四十八滝の最高峰
荷担滝

そんな具合に、ウキウキと散策していたのですが、気になることがひとつ。

・・・・・人がいない。

滝巡り最奥にある「岩窟滝」まで約1.5時間ほど歩くことになるのですが、ここに至る道のりで誰ひとり出逢うことはありませんでした。

比喩ではなく、文字通り景観ひとりじめ。

こんなに綺麗なのに、気持ちいいのに、何故誰も観に来ないの〜〜
もったいない〜〜(;´д`)

平日だから?いや、他の観光地はそれでももう少し人がいる。
いつ何時、豪雨が降り出すか分からないお天気が続いていることも、原因のひとつだったかもしれませんが…

もっとも、ココのハイシーズンは紅葉の季節。
その頃になると、風情も何もが吹き飛ぶ人ゴミと化すのですがねw

他の季節も綺麗なのにな〜・・・・
この時期は穴場なヒーリングスポットとして、脳内メモに記載しておく。

そんな感じで、すべての滝をじっくり満喫し、復路を歩いているとさすがに人がチラホラ。
香落渓へ行けないから、皆、お昼からゆっくり訪れるのかもしれませんね。

個人的お気に入り「雨降滝」などなど。
赤目四十八滝

そしてそして。
恒例、お出かけ時最大のお楽しみ。
今回の美味しいモノ大賞はコレ♪

↓上田屋の『瀧草もち』
上田屋の『瀧草もち』

全国菓子大博覧会栄誉金賞を受賞した、天然ヨモギたっぷりの草もちです。
やわらかくって、口にした途端にヨモギの香りがフワーッと広がります。
餡の甘さも絶妙♪

気に入ったのでお土産にも購入し、
結局この日一日で、草もち7個も喰ったのでした (ノ∀`*)ペチッ

そして、店主のおじいさんがとってもフレンドリーでしたw
イチオシの有平糖を買わなくてゴメンね。

【店舗情報:上田屋】
住所.名張市赤目町長坂707-1
TEL.0595-63-3014
営業時間.9:00~18:00(※オフシーズンはお昼過ぎオープンっぽい)
定休日.悪天候以外は無休
http://www.e-net.or.jp/user/n-kankou/uedaya/

ちなみに余談。
赤目四十八滝で配布されているリーフレットには、イメージキャラクターとともに、こんなキャッチコピーが書かれていました。

イオンはマイナス。
あなたにプラス。

・・・・・・・・・・・・・・。

ツっこむべきか、賞賛すべきか。
それが問題だ。