1月222010

ある冬の日の山道にて

ここ2日間程、季節が2・3歩先に進んで暖かくなっていたため、
この時期には珍しく、金剛山の雪がすっかり溶けました。

を。アイゼン無しで登るチャンス♪ と、
約1ヶ月ぶりに千早本道を歩いてみることに。

お天気もそれなりだったため、少しハイペースで歩くには良い感じでした^^
……調子に乗ってペースを上げすぎたため、途中で大量に汗が噴き出してしまいましたがw
でもまあ、気持ち良かったです。

一心不乱に樹を突いているキツツキにも遭遇できましたしね。
この時期は、野鳥の姿を発見しやすいので、なかなか楽しいです。

もっともキレイに写真に撮れる程、警戒心が薄くはないですが><

ちなみに、てっきり樹氷が溶けて水滴になってるんだな…
と思っていた小枝の粒々は、近寄ってみると、小さな氷の固まりでした。
気温が上がったとはいえ、さすが-2℃。(頂上・転法輪寺付近)

そして下山途中、
耐寒登山イベントで登ってくる男子高校生の軍団に出くわしました。
おかげで山道は、満員御礼。

すれ違いざま、かなりへばり気味な男子が、
「何が耐寒や、いっこも寒くねーよ (#-”-)ゼエゼエ」
キレ気味に吐き捨てていた台詞に、もー少しで噴くトコでした。

場所は4合目付近。
先はまだ長いぞ、ガンバレ(* ̄m ̄)

…と、心の中でエールを送っておきましたwww