4月132009

スプリング ハズ カム

春です。
いや、下界では連日の夏日に今更なにを…という感じですが、
2週間前までさらなる雪が積もっていた金剛山にも、ようやく桜満開の季節がやってきたのです。

まつまさ前の桜

といっても、まだ登山口のみ。
山頂にある転法輪寺の樹齢300年の枝垂れ桜は、まだまだ蕾硬しの状態です。

それでも春らしさは、ほんの少し前とは比べるまでもありません。
うぐいすを初めとする小鳥の鳴き声も、かなりの大音量で響き渡っていて、
録音したらそのまま「野鳥のさえずり」CDが出来上がってしまう位の勢いでした。

そんなウキウキな陽気のせいか、 登り途中で見かけた
とっても大声で、オー・ソレ・ミオを歌いながら駆け下りてくる毎日登山(タブン)なおじさんの姿。
見るからに上機嫌そうです。

そしてすれ違いざま、おじさんが私に掛けた言葉は、
ハイカー挨拶の定番「おはようございます」でも「こんにちは」でもなく、

「やっほ♪(^^)/」

でした。

・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)

とっさに
「やっほ♪(^^)/」
と、切り返すことの出来なかった、未熟な私をどうかお許し下さい…orz