3月22009

東風吹かば…

2月はどこへ逃げたーっ!!(T0T)
と、叫びたい弥生月の第一日目。

順調にMy休日を仕事に食い潰される日々の中、
せめて日曜日くらい、春を肌で感じに行くぜっ!と…まあ、半分逃亡と言えなくもない、お出かけを無理矢理敢行してきました。

真っ先に春の訪れを気づかせてくれる花と言えば、やはり梅の花
町中ではすでに満開〜散り染めに入りつつありますが、多忙なためお花見はお預け状態のままだったのです。

というわけで、西吉野にある『賀名生梅林»』を訪れてみました。
本当は、他に行きたい梅の名所があったのですが、遠方のためちょっと時間が取れずに断念。
半日で何とか帰ってこられるココを選んでみたわけです。

とはいえ、この『賀名生梅林』
知名度は若干低いのですが、実は奈良県が誇る梅の3大名所のひとつ。
しかも、『月ヶ瀬梅渓』が1万本、『広橋梅林』が5000本なのに対して、ここは2万本の梅が北曽木の丘陵を麓から中腹までをおおいつくす、まさに梅の里なのです。

前日の公式開花情報ではまだ「五分咲き」とのことでしたので、どうかな〜と若干の不安を残しつつ、1時間ほどバスに揺られて、到着。

・・・さすが、2万本。☆:*・゚(●´∀`●):*・

賀名生梅林

たとえ半分しか咲いてなかろうが、半場じゃない壮大さです。
というか、7分くらい咲いていたと思うww

賀名生梅林

ちなみに丘陵地帯…と言いつつ、軽く一山という感じ。
口の千本、西の千本、奥の千本…と、約1.5時間程度でぐるっと梅林内を一周します。

急な坂道が延々続くので、花見と言いつつ、軽くハイキングの心づもりでいないと、ちょっと辛いかもしれません。
ヒールやお洒落ブーツのお姉さん達が、かなり苦労されていました。

さすがに標高が高いため、かなり空気はひんやりとしていましたが、坂を登っていく内に途中で上着が邪魔なくらい。
あたりに漂う梅の香りや、うぐいすの鳴き声が雰囲気をさらに盛り上げてくれます。(ノ´∀`*)

賀名生梅林の梅の花

この日は一日、お天気も良かったので、
無理を押して来て良かったー(><) としみじみ。

賀名生梅林の梅の花

そして、
帰りバスの待ち時間に食べるため買った、出店の草餅は、
↓田舎のおばあちゃんの手作り風味でとても素朴なお味でした。

賀名生の草もち






さ、仕事に戻るか。。。。。((((((:´Д`)