Archive for 1月 2009

1月282009

日本冷蔵庫列島と冷え症の過ち

コメントは受け付けていません。

大寒を過ぎてからこっち、程度の差はあれど、非常に低温な日々が続いています。
『南極でも全域で温暖化が始まっている』というニュースが流れる中、冬が冬らしく寒いのは良いことです。

とはいえ、
地球にとっては喜ばしいことも、冷え症にとってはやはり辛い季節。

特に私は末端冷え性がヒドイため、こう寒い日が続くと、
「ああ、指にしもやけがっ!!」な事態が発生するのです。

そんなわけで、
少しでも症状が緩和するように、様々な対策を取っているのですが…

そのひとつが、就寝前の足湯
布団に入る直前に、洗面器に少し熱めのお湯を入れ、15分程度、足先を浸すことを日課にしています。

これだけで眠りにつくまで、足のポカポカが持続してくれるので、それなりに効果は上々な感じ。

そしてこのお湯には、アロマオイルを数滴垂らしています。
アロマテラピーというには、あまりに大雑把で自己流ですが、まあ、気休め程度にでも何か効果があればなあ…という非常に安直な考え。w

そなみにこのオイル、普段はグレープフルーツ(効能:むくみ)ラベンダー(効能:リラックス)を使用してるのですが、先日、うっかり両方を切らせしまっていました。

仕方がないので、何か代わりを…と物色して目に付いたのが、ペパーミント。
ここでも安直に、「ま、これでイイや。」と代用することにしました。

ミントを数滴入れて、いつも通りに足を浸して約1分。




何か妙に、ひんやりしてきた気が……?

微妙に何か、いつもと感触が違うのです。
何だこれ?と思っていると、どんどん足の清涼感が増していきます。

・・・???
あっ!メントールかっΣ( ̄□ ̄;)

そう。
ミントと言えば、誰もがよくご存じ、スースーとした清涼感が専売特許。

そのため足を触ると、確かに熱くなっているのに、ちっとも温かく感じない。
むしろ、すっきりクールミント。

そもそも温めるのが目的なのに、こんなスースーでは、暖まっているのか、冷えているのかよく分かりません。

そのあまりにヘンテコな感覚っぷりが気になって、しばらく眠りにもつけませんでした。
・・・私の貴重な睡眠時間・・・(TnT)

そもそも、私は色々とアロマ的なものを使う割には、その効能をイマイチ侮っているため、たまにこういった失敗をやらかします。

…確か、昨年あたりも、ティートゥリーで痛い目をみたしな。 »

いい加減、認識を改めるべきかもしれません。
アロマは薬草だと。

1月242009

洋菓子もイイけど、だんごもネ!

コメントは受け付けていません。

『だ、だんごが食べたい……っ!!』

・・・まずは初めに
「一体、何の禁断症状だよ、それは。」と自分にツッコんでおきます。

先日、唐突に湧き上がった上記、欲求の赴くまま、久々にだんご庄»へお団子を買いに行きました。
ちなみにだんご庄とは、小振りなダンゴ五連に秘伝の蜜がかけられ、きな粉たっぷりな串団子の専門店です。

私にとっては、だんご=だんご庄 と言っても過言ではない。
明治11年創業以来、ずっとこの商品一筋に作られており、素朴で一見どこにでもありそうで他には無い味わいです。

だんご庄のだんご

特に作りたてホヤホヤなんて、もう・・・っ!(;´д`)ハアハア
これが『ホッペタが落ちそうな美味しさ』というものね、と大げさでなく思ってしまうわけです。
(注:添加物が入っていないので、半日も経つと硬くなってきます)

もっともそんなにお気に入りのお店が、何故久々なのかというと単純に、そこそこ遠方で、わざわざになってしまうからなのですが。

というわけで今回も、せっかくなので、本店がある近鉄:坊城駅»へ行くついでに同じ沿線上の二上山へ立ち寄ってから、訪れることにしました。

山は、二日間に渡る雨が上がったばかり。
冬枯れていた小川に水が戻って、久々にせせらぎのBGMを楽しむことが出来ました。
おまけに霧が出ていたため、マイナスイオンもたっぷり。

……そう、霧だったんです。
濃霧が中腹〜山上に立ちこめていたため、雨に降られたわけでもないのに、
下山後はすっかり濡れネズミでした。

そんな残念な姿で、まがりなりにも町中にある店舗へ団子を買いに行ったわけですよ、私は。
はっはっは。

まあ、それはともかく。
やはり今回もだんごは変わらずに美味しく、10本一気食いペロリで、食欲を満たしたのでした。

ブラボー、創業130年の味♪

お店情報—
だんご庄】HP http://dango.kir.jp/
坊城本店…奈良県橿原市近鉄坊城駅前
営業時間 8:30~17:00(売り切れ次第)
定休日 火曜日・第一水曜日

八木店 …奈良県橿原市内膳町近鉄八木駅前
・営業時間 9:00~17:00(売り切れ次第)
・定休日 火曜日・第一水曜日

1月122009

Doll

コメントは受け付けていません。

休日、美容院へ行ってきました。

私にしてはめずらしく、前回髪を切ってから3ヶ月程度「しか」経っていません。
普段は、井戸を這い上がるスキルが手に入るくらい貞子さんがご降臨されてから、
ようやく重い腰を上げる始末ですが。
今回は除霊の必要もないままの断髪式です。

おかげで、顔なじみの美容師さんにまで
「本日は、間を置かずにご来店頂き、ありがとうございます
とにこやかに迎えられてしまいました。

・・・タブン、
世間様的に3ヶ月ぶりって、決して短いスパンじゃないよな。

ま、いいか。

ちなみに何故、そんな珍しい事態になったかというと、
突然上司から
「近いうちに、一度くらいクライアントに顔見せの挨拶に行かせるから」
と言われたからです。

ええ〜……私、一生、門外不出(注:家宝という意味では決してナイ)でイイっすー…(´Д`lll)
という抗議は軽くスルーでした。

もっとも、社内の人間や通りすがりの人々には、
見苦しい呪いの姿でもOKなのか?と問われると、返す言葉はないのですが。

そんなわけで「スッキリさせて下さい」のオーダーで髪を切って頂きました。
少しばかり傷みも気になったため、トリートメント付きで。




確かにサッパリしたと思う。
美容院イチオシのトリートメントで、髪もツルツル♪
これでいつ、挨拶の厳命が下っても大丈夫……のハズ。

だけど何故なんだろう。

鏡に映る自分の姿が、

髪の伸びる市松人形(コレ»)

にしか見えないのは。

(…そういや、以前にも
トイレの花子さん風味だったことがあったな。orz)