Category: お花見(春)

4月172009

造幣局、春の風物詩

コメントは受け付けていません。

我が家にも、もっぱら世間をお騒がせ中(?)な定額給付金振込みのお知らせが届きました。
・・・何というかまあ。
特に今すぐ入り用ではないお金を、高利貸しからムリヤリ押しつけられた気分です。

これって、いったい将来の返済額は幾らになるのだろう?
と考えただけで、萎え。(;´д`)

そんなお金つながり…というわけでもないですが。
今年も大阪における春の風物詩『造幣局・桜の通り抜け』に出かけてきました。

朝は例によって山wだったため、造幣局を訪れたのはすでに夕方近く。
このため、日中の太陽に当たり続けた桜の花びらは、ちょっとばかりヘタり気味でした。
とはいえ、やはり百花繚乱な八重桜は圧巻です。(*´∀`*)♪♪

造幣局の桜

毎年、開催期間中の気温によって満開の種類が異なるのですが、今年は特に華やかな「関山」「紅手鞠」などが見頃だったため、全体的なイメージもゴージャスでした♪(ノ´∀`*)

ともあれ、今年も素敵な光景を見せてくれた、造幣局・桜守りの方々に感謝です。
(※造幣局には、この桜をお世話する専門部署があるらしい)

来年もこの平和な光景が途切れず、ここにありますように。

[今年の桜:平野撫子]
平野撫子

[関山]
関山

[麒麟]
麒麟

造幣局・桜の通り抜け情報
http://www.mint.go.jp/sakura/torinuke/info.html

4月112009

サクラ、舞う。。。

コメントは受け付けていません。

まるで潮が引くように、
というか、渋滞中の車をごっそり撤収したかのように、
唐突に仕事が楽になりました。わーい♪
何とか、何とか、日本の春を言祝ぐサクラの開花時期に間に合いました!(´△⊂)°゜

そんなわけで、半分フライングに参加表明し、
「ちゃんと参加できますようにー(>人<)」と、
心の中で100回くらい神頼み(注:無信心)していた、コミュイベントに胸を張って参加してきました。

桜舞う吉野山へお花見イベントです。

吉野の桜
やはりサクラの花見と言えば、
自身の住んでいる場所柄的にも、ここを見ないとダメでしょう!みたいなw
…そんなに気合いを入れずとも、ココ数年は、毎年訪れているのですがね。(ノ∀`*)ペチッ

今年は開きかけた途端、突然の花冷えで開花が遅れ、
今週に入って連続晴天…というタイミングのせいか、花見名所はどこも満員御礼
もちろん、吉野山も事前情報では、連日ものすごい人混みとのこと。

うわー・・・(–;)とかなり覚悟を決めて、訪れたのですが。



・まあ、確かに混んでましたが、全然許容範囲でした。
そんなことより、満開の中、申し分ないくらいの晴天で、超ラッキー♪な方が大きかったです。
晴天が過ぎて、し、紫外線が……という心配が必要でしたけど。

時々吹く風で、
ひらひらと舞う桜吹雪も超っ綺麗でした。ヾ(〃∇〃)〃キャーッ

昨年はちょっと曇りだったので、撮った写真も微妙ーな感じでしたが、今回は雲一つない青空で、ヘボな写真もなんだかすごくイイ感じに撮れた…気がします。
ええ、もちろん気だけですよw

吉野の桜

ちなみに咲き具合は、
下千本が満開、中千本・散り染め、上千本・七分咲、奥千本・2〜3分
……というなんだか不思議な開花状態でしたが、そこはまあ、山なのでちょっとした標高さとか日当たり具合で、差が出るのでしょうね。

そんなわけでどうしても例年、一番華やかな中千本あたりが見頃時期に訪れるため、上〜が残念だったりするのですが。
おかげで、今年は吉野水分神社の桜が綺麗に咲く風景を見ることが出来ました♪
うれしいなっ(〃∇〃)♪

吉野の桜

そんな思う存分、花を楽しむ吉野ですが、ここは食べ物も楽しめる場所。
今回お気に召したのは、
創業嘉永四年の「八十吉」で食べた吉野葛のくずきり。
いつも混んでいるため、ずっとスルーしていたのですが、さすがに美味しかったです。

ツルツルのどこし、もちもち♪黒蜜の甘さが素敵ーヾ(≧∇≦)〃キャーッ
運良くテラス席だったため、桜の風景を眺めながら頂くことが出来てましたしね。

八十吉:吉野天人(本仕立て葛きり)
八十吉:吉野天人(本仕立て葛きり)

そんなこんなで、久々に心ゆくまで楽しめたお出かけでした♪

【お店情報】
吉野葛 八十吉
住所:吉野郡吉野町大字吉野山561-1
営業時間:9:00~18:00
定休日:金曜日
TEL:07463-2-8739
URL:http://www.yoshinokuzu.co.jp/

3月22009

東風吹かば…

コメントは受け付けていません。

2月はどこへ逃げたーっ!!(T0T)
と、叫びたい弥生月の第一日目。

順調にMy休日を仕事に食い潰される日々の中、
せめて日曜日くらい、春を肌で感じに行くぜっ!と…まあ、半分逃亡と言えなくもない、お出かけを無理矢理敢行してきました。

真っ先に春の訪れを気づかせてくれる花と言えば、やはり梅の花
町中ではすでに満開〜散り染めに入りつつありますが、多忙なためお花見はお預け状態のままだったのです。

というわけで、西吉野にある『賀名生梅林»』を訪れてみました。
本当は、他に行きたい梅の名所があったのですが、遠方のためちょっと時間が取れずに断念。
半日で何とか帰ってこられるココを選んでみたわけです。

とはいえ、この『賀名生梅林』
知名度は若干低いのですが、実は奈良県が誇る梅の3大名所のひとつ。
しかも、『月ヶ瀬梅渓』が1万本、『広橋梅林』が5000本なのに対して、ここは2万本の梅が北曽木の丘陵を麓から中腹までをおおいつくす、まさに梅の里なのです。

前日の公式開花情報ではまだ「五分咲き」とのことでしたので、どうかな〜と若干の不安を残しつつ、1時間ほどバスに揺られて、到着。

・・・さすが、2万本。☆:*・゚(●´∀`●):*・

賀名生梅林

たとえ半分しか咲いてなかろうが、半場じゃない壮大さです。
というか、7分くらい咲いていたと思うww

賀名生梅林

ちなみに丘陵地帯…と言いつつ、軽く一山という感じ。
口の千本、西の千本、奥の千本…と、約1.5時間程度でぐるっと梅林内を一周します。

急な坂道が延々続くので、花見と言いつつ、軽くハイキングの心づもりでいないと、ちょっと辛いかもしれません。
ヒールやお洒落ブーツのお姉さん達が、かなり苦労されていました。

さすがに標高が高いため、かなり空気はひんやりとしていましたが、坂を登っていく内に途中で上着が邪魔なくらい。
あたりに漂う梅の香りや、うぐいすの鳴き声が雰囲気をさらに盛り上げてくれます。(ノ´∀`*)

賀名生梅林の梅の花

この日は一日、お天気も良かったので、
無理を押して来て良かったー(><) としみじみ。

賀名生梅林の梅の花

そして、
帰りバスの待ち時間に食べるため買った、出店の草餅は、
↓田舎のおばあちゃんの手作り風味でとても素朴なお味でした。

賀名生の草もち






さ、仕事に戻るか。。。。。((((((:´Д`)